インプラント

インプラント治療で起こりうるトラブルと対策方法

インプラントは現在多くの歯科医院で受けることのできる、優れた治療法の一つです。
治療名が有名なことから、歯科医院でほとんど治療を受けたことのない方でも名前だけは耳にしたことがあるという治療法の筆頭がインプラントです。

インプラントは現在まで歯科医院で行っていた各種の歯のトラブルに対する治療法のデメリットをいかにして改善するかという思案のもと、さらに患者様に良い治療を受けていただくべく生み出された治療法です。
現在進行形でインプラント治療自体の改良や改善も行われており、今後さらに発展してゆく可能性のある治療法でもあります。

しかし、いかに優れた治療法であるといっても、世の中にある治療は100パーセント成功するとは限りません。
時に歯科医師すら完全に防ぎきれないトラブルが起きることがあります。

インプラントという治療法を解説すると共に、実際にインプラントで起きる得るトラブルについて知っておきましょう。

インプラントとはどんな治療?メリットは?

186192

インプラントは人工的に永久歯を作る治療方法です。
虫歯や加齢、事故など何らかの理由で歯を失ったり、歯に深いダメージを受けたりした時の治療法として特に優秀なのがこの「インプラント」という治療法なのです。

インプラントは時に差し歯や入れ歯と同じようなものだと勘違いされがちです。
しかし、その性質はまったく異なっています。

差し歯はあくまで仮のものとして使うための治療です。
仮ですので、仮歯は本物の歯とは大きく違っています。

また、差し歯にはすぐに抜けて治療をし直さなければならないというデメリットがありました。
入れ歯も同じで、一定年数ごとに入れ歯を作り直さなければならず、毎日のように薬液に漬けえ衛生を保つなどケアがとても大変なことや、口臭や物を噛む時の痛みなどがデメリットとしてありました。

ブリッジは器具をつけるために健康な歯も使うため、健康な歯までダメージを負ってしまうというデメリットがありました。
ブリッジをつけたために健康だった歯が割れてしまうといったトラブルがよく起きていたのです。
このように、虫歯や加齢、事故など、理由問わず永久歯を治療しなければならないという場合には、どの治療でも悩むべきデメリットがありました。

そんな従来の治療法の進化系として生み出されたのがインプラントです。

インプラントは「人工的に永久歯を作る」という技術ですから、差し歯のようにあくまで仮として使うのではなく、自分の本当の歯として使うことができるというメリットがあります。
人工であれ、歯として使うためには歯根を埋め込まなければいけませんから、その分だけ差し歯などより強固となり、抜け難くなります。

インプラントには、

1、自分の永久歯と同じように使える
2、頑丈で抜け難い
3、歯のケアは自分の本物の歯と同じようにして大丈夫
4、物を噛んだときの痛みや口臭といったデメリットがない
5、入れ歯のように何度も作り直す必要がない
6、周囲の健康な歯を傷つけない
7、一本から治療できる

というメリットがあります。

最近は一日手術が完了するワンデイインプラントや通常のインプラントより、よりオーダーメイド性の高いオーダーメイドインプラントなども登場しています。
これらは通常のインプラントに対する要望として存在していた「治療をもっと短時間でしたい」「規格品のインプラントよりもっと自分の歯に近いインプラントを使いたい」というニーズに応えたものです。

これらのインプラント治療では、口腔内の状況によっては歯を削ることや切開も必要なく痛みを覚えない状態でスピーディな治療が可能となっています。
しかし、前述したように、世の中にある治療は100パーセントではなく、時にトラブルが起きてしまうことがあります。

優良な治療法であるインプラントでも、トラブルが起きることがあるのです。

インプラントで起こりうるトラブルとは

インプラント治療で起きる可能性のあるトラブルは大きくわけて3つあります。

1、インプラントが合わず痛みや炎症、出血、倒れに繋がる
2、インプラントが倒れたりぐらついてしまったりする
3、インプラントでアレルギーが起きる

インプラントは優良な治療法の一つではありますが、万能というわけではありません。
なぜなら、基本的に現在使われているインプラントの多くはメーカー側が画一的に生産した万人向けの規格品だからです。

人間はそれぞれ体格も違えば口の大きさも違います。
歯の大きさや並びだって違います。

多くのメーカーが提供しているインプラントは個人の歯並びや歯の大きさに合わせて作られていないからこそ、時にインプラント治療が痛みや炎症、出血というトラブルに繋がることがあります。
インプラントでは人工的な歯の根を歯茎に埋め込みます。

316743

この時、その人に合ったサイズでなければどうなると想像できるでしょうか。
大きすぎると無理に歯茎の穴を広げることになりますから痛みや出血があります。

小さすぎるとインプラントがぐらついたり、倒れたりすることがあります。
また、インプラントと歯茎の隙間が擦れてしまうために炎症を起こすこともあります。

これらのトラブルがより自分に合ったインプラントをオーダーメイド作成する治療である「オーダーメイドインプラント」を選択することで防止することが可能です。
インプラント治療によりアレルギーが起きることも。

インプラントによっては金属が使われていることがあります。
金属が使われているのは主に歯の根部分に使う器具であることが多く、歯茎に埋め込むことにより人体に直接金属が触れることになります。

最初は大丈夫でもインプラント治療をして暫くしてから人体に吸収された金属によりアレルギー症状を起こすこともあります。
歯科治療における金属アレルギーは大きな健康問題になっています。

当院で行っている「オーダーメイドインプラント」金属フリーの治療が可能です。
アレルギーの心配がある方や、治療に使われる器具について知っておきたい方、歯科治療における金属アレルギー問題が心配な方は、あらかじめ申し出ていただくことで疑問や懸念に対して丁寧にご説明いたします。

最後に

インプラント治療は優れた治療方法の一つです。

しかし決してトラブルが何もないというわけではありません。
インプラントが合わないためにぐらつきや抜け、痛みや炎症を起こすトラブルが実際に起きています。

また、インプラント治療に金属を使ったことにより金属アレルギーが出るというトラブルが現実に起きています。
こうしたトラブルを防ぐためには、自分の歯に合ったインプラントをオーダーメイドするオーダーメイドインプラントや金属フリーのインプラントで対処が可能です。

これからインプラント治療を検討している方は、まずはご相談ください。
当院は数多くのインプラント実績があります。

患者様一人一人に合った治療前・治療後のトラブル対策も講じています。
治療が始まる前に心配や疑問には担当医師が的確にお答えいたします。