虫歯治療

虫歯を蒸発させる!虫歯治療の最前線!痛くない削らない虫歯のレーザー治療

興学会では、最先端のレーザー治療を導入しています。

1. Fotonaライトウォーカー治療の特徴について

歯をドリルで削らない

ドリルで虫歯を削ると虫歯では無い健康な歯が削られてしまいます。
熱エネルギーにより、水分を含んだ虫歯の部分だけを蒸散させ細かな患部も除去します。虫歯の病巣をピンポイントで殺菌、治療が可能なのがFotonaのレーザー治療です。今までの治療に比べて、歯を削る量を最小限に抑えることができ、健康な歯ぐきや歯への影響が少ない処置ができます。「虫歯を削らず、歯を残すミニマム(低侵襲)治療」に最適な選択肢です。

歯の神経を残せる

削らないレーザー治療により、歯の寿命を伸ばす事が出来ます。削らないレーザー治療は神経を残すことがポイントになります。神経を抜いてしまうと歯は弱く割れやすくなってしまうからです。進行した深い虫歯の場合、今までだと神経を抜かないと治療ができないケースにおいても、レーザー治療で神経を残せる確率が高まりました。

殺菌消毒効果

虫歯治療では虫歯の殺菌が肝心です。当院では治療中にお口に入る水はすべて除菌水を採用し、治療中の菌血症予防を実施しています。レーザー治療は熱エネルギーにより患部をピンポイントで殺菌消毒できるため、お口の中をより安全な状態に保ちながら治療を進められます。全身疾患リスクを軽減させる手段として、虫歯の細菌が口腔内で広がらないため虫歯治療に絶大な効果があります。

痛くない、麻酔ができない体質
妊婦さんに

レーザー治療では、ほとんど痛みを感じない無痛治療を目指すことが出来ます。痛みが苦手な方や麻酔ができない妊婦さんや高齢の方、体質的に麻酔を避けたい方、心拍数が気になる高血圧の方、抗精神薬を服用されている方に有効です。

歯質強化で虫歯予防

歯は酸化によって表面のエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液で歯のミネラルを補給する「再石灰化」が繰り返しています。このサイクルが乱れて脱灰が進むと、虫歯になり放っておくと、どんどん進行してしまいます。レーザー照射によって歯を構成しているエナメル質や象牙質の耐酸性を高め、脱灰しにくい歯へと強化することができます。

知覚過敏にも効果

歯の象牙質には目に見えない無数の穴が開いています。知覚過敏は、本来エナメル質の中にある象牙質が加齢、歯周病、間違った歯みがきで歯の根が歯ぐきからむき出しになってしまい、刺激が神経まで到達した状態。熱エネルギーは、歯の再石灰化を助けるので、食事をするときや冷たいものを飲んだときに歯が痛む、歯の根っこの露出が原因の知覚過敏にも効果的です。

Fotonaライトウォーカーによる虫歯蒸散

「痛くない・削らない」歯科治療は、最新歯科治療の中でも重要なテーマとして日々研究開発が進められています。
その中でもレーザー治療は大きく注目されている治療方法です。

医療用には様々なレーザーがありますが、虫歯治療として唯一認可されているのは世界的医療レーザーメーカーFotona社ライトウォーカーのみです。

「もっとも人にやさしいレーザー」と言われるFotonaライトウォーカーによる虫歯治療は、水分を含んだ虫歯の部分だけを蒸発させるため、虫歯の病巣のみをピンポイントで殺菌、治療することが可能です。
従来の虫歯治療のように、虫歯をドリルで削る際の痛みや振動はなく、健康な象牙質まで削ってしまうこともありません。

また、Fotonaライトウォーカーでのレーザー照射では、歯質の強化による虫歯予防も期待できるだけでなく、レーザーの照射熱により治療箇所をまったく水分のない状態にできるためセラミックや他の詰め物との接着強度が上がり、外れにくい補綴(歯の詰め物)が可能になります。

新橋歯科医科診療所では、「できるだけ痛くない、削らない、抜かない」を診療の最も重要な基本方針とし、知識と経験と最新技術を駆使して適切な治療方法の選択を心がけています。
Fotonaライトウォーカーは、安全性が高く、痛みや振動などの患者さまの負担軽減、虫歯予防など治療後の歯の健康も考えられた、もっとも人にやさしいレーザーです。

2. 最前線のレーザー治療Fotonaライトウォーカー

虫歯の治療は、虫歯の進行度合いにより最適な治療を選択することが重要です。

レーザー治療は虫歯治療の新しい方法として注目されています。
一言でレーザーと言っても種類がいくつもあり、厚生労働省によって使用可能な治療が定められています。専門の歯科医師が治療内容に適したレーザーを選択できないと最善の結果は得られません。

その中で唯一、虫歯を治療することが認可されているのがFotonaライトウォーカーです。
虫歯だけを蒸発させるという最新のレーザー治療法です。色々なレーザーがある中で、歯を治療することができるレーザーとして開発されました。

水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価され、生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置です。
治療時は虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な天然歯を削ることはありません。

また、歯だけでなく歯周病などの歯科治療をはじめ、フォトナ社のレーザーは最新の機能として口腔内からのシワ・ほうれい線治療、いびき・無呼吸症候群治療など多くの治療に用いられています。

3. 治療の流れ

① 治療中は目の保護の為に、サングラスを着用します。
② 痛みをほとんど感じないので麻酔の必要はありません。
③ レーザーを少しずつ動かし、虫歯全体に照射します。
④ 虫歯は水分と共に蒸発し、黒くなっていた虫歯がなくなり、殺菌・除去され、無菌状態になります。
④ 最後に虫歯を取り除いた箇所に詰め物をします。

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所
住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階
アクセス:JR新橋駅から徒歩3分
電話番号:03-3437-3880

ご利用可能カード



  

まとめ

成人の9割以上が経験しているという虫歯。
多くの人が一度は経験していると思いますが、なんと歯を失う原因の4割は虫歯によるものです。

さらに虫歯は、放っておくと細菌が血液中に流れ出し、重い心臓病を引き起こすことや様々な全身疾患の原因となる事が明らかになっています。
現在、国内の虫歯の患者数は約180万人にのぼります。

実は恐ろしい虫歯ですが、治療方法は近年大きく変化しています。従来のドリルで虫歯を削るという虫歯治療は、痛みを伴い、音や振動など不快に感じる方も多いかと思います。

また、削る治療で悩ましいのは、不十分だと虫歯菌が残り、削りすぎると健康な天然歯まで失ってしまうことでした。

年々進化している歯科治療。虫歯治療にレーザーを選択することで少ない負担で虫歯治療を行うことが可能になりました。

進んでしまった虫歯には、歯科用レーザー治療以外にも薬品で虫歯を溶かして除去する「カリソルブ」や虫歯を除去しないで無菌化する「ドックベストセメント」などの治療法もあり、虫歯治療のトレンドは削らない・痛くない歯科治療です。

医療法人財団興学会の新橋歯科医科診療所・赤坂歯科診療所・青山歯科診療所では、患者さまお一人お一人に最適な治療方法をご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。