ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)
ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)とは?

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)

虫歯を除去せずに無菌化する

ドックベストセメント治療は、銅イオンの殺菌力により、虫歯を除去しないで無菌化する治療方法です。

虫歯を完全に除去しようとすると神経まで達してしまう場合などにドックベスト治療を行うと、神経を抜かないで済む確立が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

ドックベストセメント(歯を削らない虫歯治療)の特徴

ドックベストセメント治療は、銅、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどを主成分とし、特に銅イオンが虫歯菌に効果的に効き、虫歯菌に侵された歯の象牙質の無菌化を促します。

治療時の痛みが少ない

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は必要以上に歯を削らないので痛みを感じないことがほとんどです。また麻酔も必要無い場合がほとんどです。

歯の神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの銅イオンで患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が高くなります。

象牙質を再生させる可能性がある

ドックベストセメント治療は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質をドックベストセメントの銅イオンで殺菌することにより、それらの象牙質の再石灰化を促します。

歯の根の病気の殺菌

ドックベストセメント治療は、歯の根の病気の殺菌にも効果が期待できます。

硬く固まる

ドックベストセメントは、元々歯科用の接着剤(セメント)なので硬く固まり、流れてしまう事 がありません。

殺菌力が永続的に続く

ドックベストセメントの銅イオンが永遠に出続けるため、殺菌力が永続的に続きます。

天然ミネラルが主成分なので、副作用の危険がない

ドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分にしているため、副作用などの危険はありませんので、妊娠中の使用も可能です。

ドックベストセメント治療の流れ

ドックベストセメント治療の流れ

メールでのお問い合わせ

Home | 院長・医院紹介 | 治療説明 | 料金表 | アクセス | お問い合わせ | コラム | プライバシーポリシー | サイトマップ