当院は、医療先進国スウェーデンのイエテボリ大学と協同で日本スウェーデン歯科学会を発足
最新の技術を利用した正統派のインプラントの治療をご提供しています。
専門医がじっくり話し合いながらお客さまにとってベストな治療方法を決定いたします。

スウェーデンとインプラント研究

スウェーデンのイエテボリ大学ブローネマルク教授らによって、1950年代にオッセオインテグレーション(チタンと骨の結合)が発見されました。そして基礎研究が行われ、スウェーデンがインプラント発祥の地になりました。

医療先進国スウェーデンの医療現場では、1965年にはじめて患者に臨床使用されて以来、インプラントの症例数が豊富であり、研究においても膨大な基礎研究を基に長期の臨床試験が行われています。
治療法や器材の選択においてEBM(Evidence-based medicine)がとても重視され、最新の研究情報が得られます。

インプラント発祥の地のスウェーデンより世界初のインプラントシステムであるブローネマルク教授の「ブローネマルクシステム」、同研究に参加していたスティグハンソン博士とイエテボリ大学リンデ教授の「アストラテックインプラントシステム」がスウェーデン式のインプラントと言えます。

スウェーデンのインプラント治療は科学的な根拠に裏付けされたものでなければ臨床に応用されることはありません。長期の臨床実績と科学的な根拠に裏付けされたインプラントは世界中で使用されており、スウェーデンのインプラントが世界で最も信頼性の高いインプラントです。

スウェーデン製インプラント

ノーベルバイオケア(スウェーデン)

ノーベルバイオケア(スウェーデン)

ノーベルバイオケアは、世界的に最も歴史の古いインプラントです。
1965年にスウェーデンのブローネマルク教授により、世界で始めてオッセオインテグレーション(チタンと骨の結合)が歯科医療に臨床応用されました。
ノーベルバイオケアは、ブローネマルク教授が発見した、骨に結合する歯科インプラントを世界で始めて製品展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。
世界で最も多い臨床実績を誇るブローネマルクシステムをはじめ、ノーベルスピーディーグルービーインプラントシリーズ、ノーベルアクティブなど、あらゆる症例に対応するインプラント・システムを展開しています。

  • ノーベルアクティブ 新しいタイプのインプラント

    ノーベルアクティブは独自のインプラント・デザインにより、柔らかい骨質においても優れた審美性と高い初期固定を実現できます。

  • ノーベルパラレル CC-シンプルかつ簡便

    ノーベルパラレルCCのシンプルなデザインと適応により、歯科インプラント分野において、様々な経験値の歯科医を対象に優れた柔軟性を発揮します。

  • ノーベルテーパードCC-定評ある安定性、高い審美性

    ノーベルテーパードCCは、実証済みのテーバー形状のインプラント・ボディと密着性に優れコネクションを組み合わせた、あらゆる症状に対応可能なエステティック・ソリューションを歯科医と患者様にお届けします。

  • ノーベルリプレイス・テーパード-あらゆるニーズに対応するインプラント・システム

    様々な臨床要件にお応えします。ノーベルリプレイスおよびリプレイスセレクト・テーパード・インプラントは販売より世界中の多くの臨床家に使用されており、使いやすいインプラント・システムです。

  • ノーベルスピーディー効率的なインプラント

    ノーベルスピーディーは、All-on-4治療コンセプトに用いられることが多く、幅広く文献で実証されているノーベルパイオニアの歯科用インプラントです。インプラントの先端部はやや細くなっており、アンダープレパレーションとバイコーティカルの固定を考慮したデザインとなっています。

  • ブローネマルクシステム-1965年依頼の臨床実績

    ブローネマルクシステムは、世界で最も多く科学的文献で立証されている歯科用インプラントです。高い汎用性によるメリットー長さ7~52.5mmからお選びいただけます。

アストラテック(スウェーデン)

アストラテック(スウェーデン)

アストラテックの最大の魅力は、インプラント周囲の骨の吸収が少ないことです。
アストラテックインプラントシステムは、ブローネマルクインプラントの開発にも携わったスティグハンソン博士がスウェーデンイエテボリ大学で歯周病の世界的権威であるリンデ教授らと共に開発した非常に完成度の高いインプラントシステムで、さまざまな適応症に使用することができます。
また、インプラント体の根尖部にあたるスレッドを深くすることにより、根尖部の切削性が向上し、インプラントが形成窩に安定し固定されます。
これはハンドリングしやすく初期固定が得やすくなるといったメリットがあります。

  • 選択と使用が容易

    アストラテックインプラントシステムは最小限のコンポーネントで最大限の柔軟性を実現したシンプルで信頼性のあるシステムです。すべての症例と、口腔内のあらゆる部位に使用することができます。1回法と2回法の両方の術式に最適で、即時荷重と早期荷重に対応しています。補綴オプションには、セメント固定、スクリュー固定、およびアタッチメント固定があります。

  • スウェーデンの大学病院で公式採用

    シンプルな術式で術者にもやさしく非常に完成されたインプラントシステムで、インプラント先進国スウェーデンの大学病院でも公式採用されています。

  • シンプルなインプラント埋入-シンプルなピックアップと埋入

    カラーコード化されたインプラントドライバーにより、インプラント埋入が迅速、簡単、かつ効率的に行なえます。

  • 最小限のコンポーネントで最大限の柔軟性を実現

    コンポーネント数を最小限に抑えて治療計画の作成と在庫の管理を簡素化するために、コニカルシールデザインによるインプラントとアバットメントのコネクションは、簡単に識別できるようにカラーコード化されたX-スモール、スモール、ラージの3種類のサイズが用意されています。

スウェーデンの正統派
インプラントについて

スウェーデン式の歯科治療を提唱する
日本スウェーデン歯科学会を発足

スウェーデンのイエテボリ大学が世界大学ランキングの
歯学部門において、世界に輝きました。

当院では、イエテボリ大学 主任教授である、
ピーター・リングストロム教授、ヨーロッパ歯周病学会の
総長を務めるステファン・レンバート教授と共に
日本スウェーデン歯科学会を発足し、毎年講習会を
開催しています。

日本スウェーデン歯科学会
左側:ピーター・リングストロム教授(日本スウェーデン歯科学会会長)
中央:興学会総院長 白井清士(日本スウェーデン歯科学会 理事)
右側:ステファン・レンバート教授(日本スウェーデン歯科学会 副会長)

日本スウェーデン歯科学会とは

日本スウェーデン歯科学会の様子歯科医療の先進国であるスウェーデンレベルの治療と予防、クリニックの設備やインプラント治療のプロトコールなど、スウェーデン王国の歯科ガイドラインの最新情報を一早くお知らせして、スウェーデン式の歯科治療を提唱するために発足した学会です。
科学的に効果が実証されたプログラムにのっとり、一人ひとりの状態に応じた適切な指導内容で、歯科予防処置を実践しているスウェーデン式の最新の知識と技術を日本に普及することを目的としています。

総院長の白井清、青山歯科診療所院長の中野 永美子、赤坂歯科診療所院長の高宮 善正は日本スウェーデン歯科学会の理事を務め、スウェーデンスタイルの治療を実践しています。 日本スウェーデン歯科学会の様子

プレシジョンインプラント専門医がじっくり話し合いながらお客さまにとって
“ベストな治療方法”を決定いたします。

医院長患者様お一人お一人がインプラントを入れる原因や症状、インプラントを口腔内の何処に入れるか、インプラントが定着する骨の残量、更には口腔内の環境、口腔内細菌の種類など様々な要因が異なります。患者様の口腔内の環境をしっかりと把握した上でお一人お一人に最も相応しいインプラントを厳選するのがプレシジョンインプラントです。

※バイオインプラント・プレシジョンインプラントは興学会の登録商標です

世界の一流インプラントメーカーを数多くご提案できるのは当院ならでは

当院では、骨を全く削らない
「オーダーメイドインプラント」も施術可能です。

詳しくはこちら

インプラント周囲炎インプラントを入れた後のメンテナンスが大切です。
インプラント周囲炎を予防する「スウェーデン式メンテナンス」

インプラントの歯周病が
「インプラント周囲炎」

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎歯を失った治療にインプラントは非常に優れた治療法です。しかし、メンテナンスを怠ると歯周病になるリスクはあります。
インプラントの歯周病を「インプラント周囲炎」と言いますす。インプラント周囲炎になると歯茎(歯肉)に炎症が起き、顎の骨が溶かされ、
そのままにしていると、埋め込んだインプラントがグラグラと抜け落ちてしまう恐れもあります。
トラブルもなく、長く使い続けるには、適切なメンテナンスが欠かせません。
歯磨きを怠ったり、定期的に歯科検診に行かなかったりすると、
口腔内環境が悪化してインプラント周囲炎になるリスクは高くなります。

インプラント周囲炎の第一人者
「ステファン・レンバート教授」

ステファンレンバート教授日本スウェーデン歯科学会 副会長を務めるステファンレンバート教授は、スウェーデン歯周病学会会長、ヨーロッパ歯周病学会会長及び総長を務め、国際的なピア・レビュー・ジャーナルに170以上の論文を発表するなどインプラント周囲炎の第一人者です。レンバート教授の研究は、歯周病、インプラント周囲炎、口臭の治療、高齢者人口の歯周衛生および歯周病、歯周病と一般的疾患の関連性に重点が置かれています。世界的にインプラント周囲炎治療の臨床研究者として名高く、アメリカ歯周病学会・日本歯周病
学会など、数多くの国際的学会に招かれ、最先端のインプラント周囲炎治療について講演している。ベストセラーになった著書の「 Peri-Implantitis」は日本語にも翻訳されています。

興学会 新橋・赤坂・青山歯科診療所は日本スウェーデン歯科学会と密接に協力し、
スウェーデン式の治療法を実践し、患者様にとって最適な治療方法をご提案いたします。

インプラントの歴史についてインプラントの歴史について

総合歯科インプラント 無痛治療 短期間集中治療 豊富な治療実績と技術 最新のCT(3Dレントゲン) ワンデイインプラント(オールオン4)の高い技術力 安心価格 さまざまな治療法の中から、患者様にベストな治療法をご提案 手術の腕だけでなく、材料にもこだわり抜きます。 自分の歯のようなしっかりした噛み心地を実現 歯と身体の関係を重視した治療 お口の美しさの追求

当院では、機能としての歯の役割は勿論、全体から見た「歯の美しさ」を追求します。
インプラント治療だけではなく、審美的治療・矯正治療・一般的治療もあわせた「総合歯科診療」を行っております。
ご希望により、インプラントの前後に総合歯科診療をご提案します。インプラントの自由に選べる白さに合わせて、他の歯の色や形、歯並びを変えることが出来ます。

総合歯科インプラントが選ばれる12の理由 総合歯科インプラント

当院では、機能としての歯の役割は勿論、全体から見た「歯の美しさ」を追求します。インプラント治療だけではなく、審美的治療・矯正治療・一般的治療もあわせた「総合歯科診療」を行っております。
ご希望により、インプラントの前後に総合歯科診療をご提案します。 インプラントの自由に選べる白さに合わせて、他の歯の色や形、歯並びを変えることが 出来ます。

当院では、治療に先立って治療方針について十分に説明を行い、必要な検査などを行った上で治療方法を選択していただき、治療計画を立てた後、治療に入らせていただきます。
インプラント手術では、ご希望により静脈内鎮静を行い、手術中はリラックスした状態で受けていただくことができます。

無痛治療

当院では、治療に先立って治療方針について十分に説明を行い、必要な検査などを行った上で治療方法を選択していただき、治療計画を立てた後、治療に入らせていただきます。インプラント手術では、ご希望により静脈内鎮静を行い、手術中はリラックスした状態で受けていただくことができます。

忙しいビジネスマンや遠方から来院される患者様のために、1回あたりの診療時間を充分に頂くことで通院回数や通院期間を短縮しています。
さらに常に最新の技術を導入し大幅な時間の短縮を実現
しております。

短期間集中治療

忙しいビジネスマンや遠方から来院される患者様のために、1回あたりの診療時間を充分に頂くことで通院回数や通院期間を短縮しています。さらに常に最新の技術を導入し大幅な時間の短縮を実現しております。

当院は設立以来65年常に最先端の歯科治療を追求しております。
これまでに数千人のインプラント治療を行っておりますが、事故やトラブルは全くありません。
全ての患者様に安心して治療頂けるようインプラント専門医が担当し、常に技術の向上に努めております。

豊富な治療実績と技術

当院は設立以来65年常に最先端の歯科治療を追求しております。
これまでに数千人のインプラント治療を行っておりますが、事故やトラブルは全くありません。全ての患者様に安心して治療頂けるようインプラント専門医が担当し、常に技術の向上に努めております。

2013年後期製造の最新CTを院内に完備しています。
インプラント治療を行う際に注意しなければならないのは、骨の厚さだけではありません。
あごの神経や血管がどのように走っているか正確に把握することが重要です。
当院のCTは最新の3D画像のため、より正確な診断ができ、また患者様からも鮮明な画像が好評です。

最新のCT(3Dレントゲン) CT(3Dスキャン)とCT画像

2013年後期製造の最新CTを院内に完備しています。 インプラント治療を行う際に注意しなければならないのは、骨の厚さだけではありません。あごの神経や血管がどのように走っているか正確に把握することが重要です。当院のCTは最新の3D画像のため、より正確な診断ができ、また患者様からも鮮明な画像が好評です。

「高精度」で「安心・安全」な最新口腔内スキャン「TRIOS4」採用 口腔内の正確な把握が“適切な歯科治療”につながります「高精度」で「安心・安全」な最新口腔内スキャン「TRIOS4」採用 口腔内の正確な把握が“適切な歯科治療”につながります

医療法人財団 興学会 新橋・赤坂・青山歯科診療所では
口腔内を3Dスキャンすることができる
新型スキャナ「」を導入しております。

精密な口腔内の3Dデータを素早く撮影することができるので、患者様に負担が
少なく、より正確なデータにすることが可能になりました。

※3Dスキャンを使用した治療はすべて自費診療になります。

3D口腔内スキャン「TRIOS4」

詳しくはこちら詳しくはこちら

そんな患者様の声にお応えして研究された治療法が、ワンデイインプラント(オールオン4)です。
たった一日で理想の歯が手に入ります。快適に噛めて、歯並びも色も自由に選べます。

ワンデイインプラント(オールオン4)の高い技術力

そんな患者様の声にお応えして研究された治療法が、ワンデイインプラント(オールオン4)です。たった一日で理想の歯が手に入ります。快適に噛めて、歯並びも色も自由に選べます。

ワンデイインプラントを詳しく見る

当院では患者様の顎の骨の状態に応じて最も最良の治療プランを提供いたします。
十分な骨量の方であれば、1回の手術で完了できる
プランもあり、治療前のカウンセリングで料金やスケジュールに納得していただいてから治療を開始します。
治療後に総額が変わることはありません。

又、患者様のご予算に応じて低金利のデンタルローンも用意しています

安心価格

当院では患者様の顎の骨の状態に応じて最も最良の治療プランを提供いたします。十分な骨量の方であれば、1回の手術で完了できるプランもあり、治療前のカウンセリングで料金やスケジュールに納得していただいてから治療を開始します。治療後に総額が変わることはありません。又、患者様のご予算に応じて低金利のデンタルローンも用意しています。

即日に仮歯を入れる事のできる即時加重、少ない本数で即日に噛めることができる総入れ歯に変わるワンデイインプラント(オールオンフォー)や、より少ない本数で治療できるインプラント義歯、大きな骨造成の必要な治療など、通常の歯科医院では対応できない様な世界最先端の材料を使用した治療方法にも対応しております。
患者様とじっくり話し合いながら、ベストな治療法をご提案させていただくこと。
それも当院が大切にしている治療方針のひとつです

さまざまな治療法の中から、患者様にベストな治療法をご提案

即日に仮歯を入れる事のできる即時加重、少ない本数で即日に噛めることができる総入れ歯に変わるワンデイインプラント(オールオンフォー)や、より少ない本数で治療できるインプラント義歯、大きな骨造成の必要な治療など、通常の歯科医院では対応できない様な世界最先端の材料を使用した治療方法にも対応しております。患者様とじっくり話し合いながら、ベストな治療法をご提案させていただくこと。それも当院が大切にしている治療方針のひとつです。

世界的に販売されていて、信頼のおけるインプラントのみを使用しております。
患者様の大切な身体に対して、外科手術を行うのですから、日々、手術の腕を磨くのはもちろんのこと。患者様の身体の一部となる材料を選び抜くことにより、機能性や審美性はもとより安定性を視野に入れた治療を行わせていただきます。

手術の腕だけでなく、材料にもこだわり抜きます。

世界的に販売されていて、信頼のおけるインプラントのみを使用しております。
患者様の大切な身体に対して、外科手術を行うのですから、日々、手術の腕を磨くのはもちろんのこと。患者様の身体の一部となる材料を選び抜くことにより、機能性や審美性はもとより安定性を視野に入れた治療を行わせていただきます。

Nobel Biocare社

即時負荷を行うなど困難な症例に主に使用しております。

  • ブローネンマルクシステム 
  • ノーベルリプレイス
  • ノーベルアクティブ

Astra Tech社

前歯など審美領域で主に使用しております。長期的安定性には定評があります。

  • アストラテックシステム

BIOMET 3i社

歯周炎にも強く世界でも最も進んだシステムの1つです。骨が柔らかい症例などに使用しております。

  • サーテイン プリベール

Z-System社

通常のインプラントはチタンでできていますが、全てジルコニア・セラミックスでできております。
骨結合にも問題無く次世代のインプラントと言われております。金属にアレルギーのある方や抵抗のある方に使用しております。

従来の「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」などに代わる治療法として開発されたのがインプラントです。骨にチタンやジルコニアでできた人工の歯根を埋め込み、その上に歯冠や義歯をつける治療方法になります。審美的に自然な見た目なのと、機能的に自分の歯のようにしっかり噛めるのが大きなメリットです。「入れ歯」や「ブリッジ」のような違和感がなく、長期的に安定感があることも人気の理由です。「ブリッジ」のように、隣の歯を削る必要もありません。
また、手術は全顎的な大きな手術も基本的に1日ですべて終わることができます。インプラントを入れる骨が無くて治療をあきらめていた方も、ぜひご相談ください。当院では、数千症例を超えるインプラント治療実績を活かして、患者さんひとりひとりに合わせたインプラント治療を行わせていただきます。

自分の歯のようなしっかりした噛み心地を実現

従来の「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」などに代わる治療法として開発されたのがインプラントです。骨にチタンやジルコニアでできた人工の歯根を埋め込み、その上に歯冠や義歯をつける治療方法になります。審美的に自然な見た目なのと、機能的に自分の歯のようにしっかり噛めるのが大きなメリットです。 「入れ歯」や「ブリッジ」のような違和感がなく、長期的に安定感があることも人気の理由です。「ブリッジ」のように、隣の歯を削る必要もありません。 また、手術は全顎的な大きな手術も基本的に1日ですべて終わることができます。インプラントを入れる骨が無くて治療をあきらめていた方も、ぜひご相談ください。当院では、数千症例を超えるインプラント治療実績を活かして、患者さんひとりひとりに合わせたインプラント治療を行わせていただきます。

体の各部位は部分として独立しているのではなく、身体全体のバランスを保ちながら活動を続けています。
近年各歯と組織や臓器との関係が解明されて来ました。全身の各臓器や部分としての組織との相関関係を考えながら、
一本、一本のインプラントや歯科治療に取り組んでおります。

歯と身体の関係を重視した治療

体の各部位は部分として独立しているのではなく、身体全体のバランスを保ちながら活動を続けています。近年各歯と組織や臓器との関係が解明されて来ました。全身の各臓器や部分としての組織との相関関係を考えながら、一本、一本のインプラントや歯科治療に取り組んでおります。

当院では全ての治療において、歯列黄金比の理想的な基準を元に、美しさを追求しかつバランスが取れた歯列黄金比を基準としています。

歯の色、形、サイズのみならず、個々の歯のプロポーションや歯肉と歯の境目のライン、顔やリップライン等と一体感を持たせ、「デンタルゴールデンプロポーション」を基礎としあなたを美しくさせるインプラントや審美治療を目指します。

上部画像のように、前歯は顔の中心から引いたラインに垂直、左右対称に配列され(ミッドラインと言われます)中心の前歯の2本の歯のバランスは、測切歯(中止の2本の歯の両隣の歯)1に対し中切歯(中心の2本の歯)1.1618が最も美しいとされます。中心2本の前歯から犬歯を結んだラインが、笑った時の唇の内側のラインに沿うように弧を描いているのが理想的です。これは一般的にスマイルラインと言われています。前歯の先端が、下唇のドライウエットライン(唇の皮膚と内側の粘膜の境目)に軽く触れる長さだと、とても美しいスマイルになります。

お顔の輪郭と相似していると、バランスが良く違和感がありません。ラウンドかスクエアか、または、その方の顔立ちや肌の色や「どう見せたいか?若々しく、可愛らしく、知的に」なども考慮する必要があります。

くすみのない明るく透明感のある艶やかな白が、もっとも口元を美しく見せます。唾液が十分に分泌されて保湿されていると自然なつや感が生まれます。また、表面がつるんとした質感であることもきれいな歯の条件です。
当院では、従来のセラミックより凹凸の少ないきめ細やかなで透明感のあるセラミックを使用しています。

血色の良いピンク色で引き締まっていることが美しさの条件です。歯周ポケットは2mm程度で、歯と歯の間はシャープに引き締まり、空隙がないことも重要です。中心の前歯2本と犬歯の歯肉のトップの位置を結んだ線が緩やかな弧を描いていることが、美しいガドラインと言えます。もちろん左右対称であると、より美しいでしょう。

歯きぐと歯の境目のラインが左右対称の曲線ほど、
その歯は理想的なバランスを持っていると言われています。

笑顔の時前歯の先端のラインが下唇内側のラインに
沿っていると笑顔が美しいく見えると言われています。

歯の真ん中の線が鼻の中心に沿っている
笑顔が美しいく見えると言われています。

しわやたるみがなく、ゆがみもなく、笑うと口角が左右バランスよく上がることが理想的です。
唾液の分泌も良好で、血色の良いはりと潤いのある唇であることも重要です。審美治療により口角が上がりしわや、たるみ、ゆがみ、等のケアも心がけています。

アフターフォロー

当院のインプラントには長期保証があります。又、治療後の定期検診により、長期間快適なインプラント生活を
送っていただけます。治療後にインプラント以外の治療が必要になった場合でも早期に、的確に治療することが可能です。

血液検査やアレルギー検査、遺伝子診断など

必要に応じて基礎疾患のコントロールや
栄養管理など手術の予後に関わる医学的処置を行います。

まずは口腔内の状態を改善するために、歯周処置を行います。

十分に準備された状態で、ご希望により 静脈鎮静を併用しながら無痛状態で手術を行います。

3~8か月間の待機期間中に引き続き、 体調管理や歯周治療、補綴処置などを行います。

インプラントと骨が結合したら、印象を行い土台となる アバットメントを入れて、
冠の準備を行います。 まずは仮歯で形や大きさ、噛み合わせ機能などの様子をみてから
問題なければセラミックなどの冠を入れて完成です。

しっかりと長く良い状態を維持するためにも メンテナンスは非常に重要です。 歯周組織と補綴物の管理と全身状態や栄養状態などを 把握をしながらメンテナンスを行っていきます。

お口の美しさの追求

当院では全ての治療において、歯列黄金比の理想的な基準を元に、
美しさを追求しかつバランスが取れた歯列黄金比を基準としています。

歯列黄金比

歯の色、形、サイズのみならず、個々の歯のプロポーションや歯肉と歯の境目のライン、顔やリップライン等と一体感を持たせ、「デンタルゴールデンプロポーション」を基礎としあなたを美しくさせるインプラントや審美治療を目指します。

上部画像のように、前歯は顔の中心から引いたラインに垂直、左右対称に配列され(ミッドラインと言われます)中心の前歯の2本の歯のバランスは、測切歯(中止の2本の歯の両隣の歯)1に対し中切歯(中心の2本の歯)1.1618が最も美しいとされます。中心2本の前歯から犬歯を結んだラインが、笑った時の唇の内側のラインに沿うように弧を描いているのが理想的です。これは一般的にスマイルラインと言われています。前歯の先端が、下唇のドライウエットライン(唇の皮膚と内側の粘膜の境目)に軽く触れる長さだと、とても美しいスマイルになります。

お顔の輪郭と相似していると、バランスが良く違和感がありません。ラウンドかスクエアか、または、その方の顔立ちや肌の色や「どう見せたいか?若々しく、可愛らしく、知的に」なども考慮する必要があります。

くすみのない明るく透明感のある艶やかな白が、もっとも口元を美しく見せます。 唾液が十分に分泌されて保湿されていると自然なつや感が生まれます。また、表面がつるんとした質感であることもきれいな歯の条件です。当院では、従来のセラミックより凹凸の少ないきめ細やかなで透明感のあるセラミックを使用しています。

血色の良いピンク色で引き締まっていることが美しさの条件です。歯周ポケットは2mm程度で、歯と歯の間はシャープに引き締まり、空隙がないことも重要です。中心の前歯2本と犬歯の歯肉のトップの位置を結んだ線が緩やかな弧を描いていることが、美しいガドラインと言えます。もちろん左右対称であると、より美しいでしょう。

歯ぐきと歯の境目のラインが左右対称の曲線ほど、その歯は理想的なバランスを持っていると言われています。

笑顔の時前歯の先端のラインが下唇内側のラインに沿っていると笑顔が美しいく見えると言われています。

歯の真ん中の線が鼻の中心に沿っていると 笑顔が美しいく見えると言われています。

しわやたるみがなく、ゆがみもなく、笑うと口角が左右バランスよく上がることが理想的です。唾液の分泌も良好で、血色の良いはりと潤いのある唇であることも重要です。審美治療により口角が上がりしわや、たるみ、ゆがみ、等のケアも心がけています。

一本の歯科治療に、患者様御一人御一人の生活の質の向上とより素晴らしい人生スタートを約束します。

当院では皆様に健康的な若々しい歯と美しい口元をお届けいたしますしっかり噛める、食事がおいしく食べられる、思いっきり笑える、口元の老化を感じない、最大限お口を機能させることができる、それが当院の目指す歯科治療です。
患者様一人一人の口元の美しさを最大限に引き出し、お口の健康美の獲得のために、必要な技術と最高の治療方法、最新の設備をご提供いたします。

アフターフォロー
インプラント治療の流れ
1現状の把握
2CT・レントゲン診査
3解剖学的所見
4現在状況
5口腔内診査
6健康診断

血液検査やアレルギー検査、遺伝子診断など

7体調管理

必要に応じて基礎疾患のコントロールや 栄養管理など手術の予後に関わる医学的処置を行います。

8歯周処置

まずは口腔内の状態を改善するために、歯周処置を行います。

9手術

十分に準備された状態で、ご希望により 静脈鎮静を併用しながら無痛状態で手術を行います。

10術後管理

3~8か月間の待機期間中に引き続き、 体調管理や歯周治療、補綴処置などを行います。

11補綴処置

インプラントと骨が結合したら、印象を行い土台となる アバットメントを入れて、冠の準備を行います。 まずは仮歯で形や大きさ、噛み合わせ機能などの様子をみてから 問題なければセラミックなどの冠を入れて完成です。

12メンテナンス期間

しっかりと長く良い状態を維持するためにも メンテナンスは非常に重要です。 歯周組織と補綴物の管理と全身状態や栄養状態などを 把握をしながらメンテナンスを行っていきます。

患者様より、他医院でのインプラントのトラブルの相談が増えてきております。他医院での再治療や治療の中止などでお困りの方へ、最善の結果へ導くためのお手伝いもしております。おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください。

Page Top