インプラント

インプラント治療にかかる費用や費用についての注意点

 

歯科医院で行われているインプラント治療は、今やとても有名な治療法になりました。以前は「インプラント治療」という名前を挙げてはじめて「それはどんな治療ですか?」というご質問を受け、それから治療法の解説という流れでした。しかし今日、インプラント治療を指定して治療を受けられる患者様は少なくありません。インプラント治療は歯科治療の中で確固たる知名度と地位を築いているのです。

地位と知名度があるのは、インプラント治療が多くの口腔内トラブルに有効な治療法だからこそです。有効だからこそ、当院にもインプラントを希望して多くの患者様がいらっしゃいます。通常のインプラントだけでなくオーダーメイドインプラントもできるようになりました。インプラントも日々さらに進化し、患者様の「生活」「体」に優しいものとなっています。

しかし、そんなインプラントにも頭の痛いデメリットがあります。そのデメリットとは「治療費」です。インプラント治療の治療費は歯科治療の中でも高額な部類にはいるため、特にデメリットとして挙げられることが多いのです。これはインプラント治療を受ける前にしっかりと知っておきたい問題です。

インプラント治療の「費用」「費用についての注意点」についてお話しします。インプラント治療を受けるためには、歯のことだけでなく治療費についてしっかり考えて置くことが大切なのです。

費用を知る上で知っておきたいインプラント治療の中身

まずはインプラント治療についておさらいしましょう。「費用の話ではなかったの?」と疑問に思われるかもしれません。費用の話だからこそ、まずはインプラント治療についておさらいしておくことが大切なのです。インプラント治療について知っていただくことで、より費用について理解しやすくなります。なぜなら「治療内容が費用に関わるから」なのです。だからこそ、まずはインプラント治療のおさらいからはじめましょう。

インプラント治療とは、インプラント器具を使うことにより口腔内に人工的な永久歯を生成する技術です。事故や怪我で歯を失った方や虫歯や折れ、歯肉炎などの口腔内にトラブルを抱える方に効果的な治療法です。そういった方の治療のみならず、最初から永久歯のなかった方や顎の骨にトラブルがあり他の治療を受けることが難しい方にも効果的な治療法として知られています。

従来の差し歯やブリッジ、入れ歯などの治療も、もちろんこういった口腔内のトラブルには効果的です。しかし、これらの治療法には、治療した後にじみじみ感じるようなデメリットがありました。例えば、入れ歯によって虫歯で失った歯を補った方は、治療を受けてはじめて「口臭」「物を噛むことの痛み」「入れ歯という器具を口腔内に入れることによる違和感」に悩まされることが多いです。これは、入れ歯による治療を受けたからこそわかるデメリットであり、大きな悩みであると言えます。

また、差し歯やかぶせ物による治療では「すぐに取れる」「何度も治療し直さなければならない」「差し歯やかぶせ物の周囲に新たな虫歯ができやすくなって困る」といった治療した方だからこそわかるお悩みについて、当院にも多くの方からご相談をいただいている状況です。ブリッジに関しては、ブリッジ(橋)という器具の性質上、どうしても治療する歯の隣の歯に負担をかけることになります。まさに器具で橋を架けるような治療法だからです。ブリッジによる負担により、治療した歯の隣歯に割れや欠け、新たな虫歯が発生することは少なくありません。

歯科治療のデメリット改善からインプラント治療へ!治療の種類も

こういった歯科治療におけるデメリットは歯科医院に集積され、日々、デメリットをなくそう、もっと有効でデメリットの少ない治療法を考えようと、歯科医療界も日夜努力している状況です。しかし、入れ歯やブリッジ、差し歯などによるお悩みはその治療の性質に根ざす問題ですので、どうしても劇的な改善が難しいのです。そこで考えられた治療法が「インプラント」です。インプラントは歯科医院に寄せられる従来の治療法によるお悩みに対応しよりよい治療を提供しようとした結果として生まれた、入れ歯や差し歯、かぶせ物による治療よりも新しい治療法です。

インプラントは歯茎に人工的な歯根を埋め込みます。その上に人工的な永久歯を作り、患者様の本物の歯と同じように使っていただくことになります。インプラントで生成した人工歯はきちんとメンテナンスすれば一生物になります。差し歯や入れ歯のように何度も作り直す必要はありません。自分の歯のようにブラッシングもできますので、入れ歯で口臭に悩んでいらっしゃる方にも非常に効果的です。何より、「自分の歯」として物を噛むことができる喜びは、患者様の人生をより豊かなものにすることでしょう。今まで「入れ歯だから」「差し歯だから」「ブリッジ周りの歯茎や歯が痛むから」と我慢していた飲食を、どんどん楽しむことができるのですから。

当院では「通常のインプラント治療」の他にその患者様の本来の歯により近い器具をオーダーメイドして治療する「オーダーメイドインプラント」なども行っています。このインプラント治療の種類も費用に関わってきますので、インプラントを検討中の方は頭の片隅に置いていただきたいと思います。

インプラント治療の費用と注意点とは

さて、ここからは具体的な費用の話です。一緒に費用についての注意点も交えながらお話ししましょう。

まずインプラント治療の費用ですが、これは歯科医院によって変わります。なぜなら、インプラント器具は国内から海外までたくさんのメーカーが提供しているため、歯科医院によって使っているインプラント器具が異なっているからです。それぞれの歯科医院が患者様のお体に使ってもよいと太鼓判を押すことのできる品質かどうかを厳しく判断し、医院で使用するインプラントを決めています。だからこそ医院によってインプラント治療の費用に差が出てしまうわけです。

ただ、大体の相場は存在しています。

①インプラント治療の相場とは?処置代や治療代の加算も

インプラント治療の相場は歯1本あたり30万円くらいと言われます。1本で30万円が相場ですから、10本治療する場合は単純計算で300万円が大体の相場になります。ただし、単純に歯の本数とかけ算すれば治療費が算出できるわけではありません。相場はあくまで1本あたりの相場です。この相場金額に対しさらに処置代が加算されることを忘れてはいけません。

患者様一人一人のお口の状況は違っています。インプラント治療をしようとしても、虫歯歯槽膿漏といった口腔内のトラブルがあり、すぐにインプラント治療ができないことがあります。こういった場合は先に虫歯や歯槽膿漏などの口腔内トラブルに対して適切な処置を行うことになります。この処置代はインプラントの治療費とは別になります。

口腔内の状況によって別途処置が必要であると歯科医師が判断すれば、処置により別費用が発生します。別に発生した処置費用をインプラント治療に加算することになるため、一人一人でインプラント治療費が変わってくるのです。

インプラント治療の治療費は「インプラント治療の治療費+その他の必要な処置の費用」が基本となります。

②オーダーメイド?通常?インプラントの治療法や素材によっても

さらに気をつけなければならないのは、インプラントの種類や治療法の別によって費用が変わってくるという点です。前述したように、インプラントは歯科医院がどこの会社のものを採用しているかによって費用が変わってきます。インプラント器具は患者様の口腔内という体の中で使う器具だからこそ、歯科医院は値段より「安全性」「信頼性」「耐久性」「アレルギーへの配慮」でインプラントを選びます。一つの医院でも素材違いなどで何種類かインプラント器具を扱っているケースがあるため、同じ本数のインプラント治療をしてもAさんとBさんでは費用に違いが出ることがあります。

さらに、インプラント治療の種類でも費用が変わってくるのが難しいところです。当院では通常のインプラントだけでなく、オーダーメイドインプラントも行っています。どのインプラント治療を選ぶかによっても費用が変わってきます。

例えば、通常のインプラントはメーカーの方で万人向けに作られたインプラント器具を使います。しかしオーダーメイドインプラントでは、3D機器を用いてその患者様の歯や歯茎にぴったりのオーダーメイド器具を生成します。服でも既製品よりオーダーメイドの方が高いという印象があるのではないでしょうか。それはインプラントでも同じです。オーダーメイドインプラントの方が、全体的に費用が高額になります。オーダーメイドインプラントの場合は、1本あたりの相場が50万円からになります。

http://www.kougakukai.com/price/#implant

③相場より極端に安いインプラントに要注意

インプラント治療を行っている歯科医院の中には相場よりもかなり安い額でインプラント治療を提供しているところがあります。どのメーカーのインプラントをセレクトするかは歯科医院の判断によるため、歯科医院によってインプラント費が違うのは当然のことではあります。

ただ、費用を安く済ませたいからといって相場よりかなり安くインプラント治療を提供している場合は注意する必要があります。インプラント治療の歯1本30万円という相場は「安全で問題のないインプラントを提供するための相場」です。

既に①で説明したように、インプラントはインプラント治療の費用に加えて必要な処置の費用が加算されます。相場を考えても、歯科治療の中では高額な治療法です。しかも、医療費控除の対象にはなりますが、保険適用がありません。

高額になりがちだからこそ費用をおさえようという思考に繋がるのは当然のことかもしれません。だからといって安全や耐久性を犠牲にする可能性があるということは、費用面だけでなく「自分の体を治療する」という面で見ても大切なことではないでしょうか。

④見積もりの必要性!インプラント治療は事前に費用の相談を

インプラント治療の「自分だけの費用相場」を考える上で大切なのは、歯科医院に「体の気になるところ(アレルギーの有無など)」「インプラント治療の種類」「治療したい歯の本数」「虫歯など他に治療したいところはないか」「その他の要望」などをしっかりと伝え、オーダーメイド費用(自分だけの見積書)を出してもらうことです。見積もりを出してもらい、見積もりを確認しながらさらに歯科医師と相談を重ねることにより、自分の希望するインプラント治療の本当の相場が見えてきます。さらに費用も含めて歯科医師とよく話し合い「費用の用意はどうするか」を決めて治療に望みましょう。

まとめ

インプラント治療の費用は治療の種類や治療に使うインプラントの器具、そして治療の流れの中にインプラント意外の処置が含まれるかどうかによって変わってきます。通常のインプラントでは、歯1本あたり30万円という相場はあるのですが、口腔内の状況は患者様一人一人が異なっているため、相場だけで費用を判断することはできません。

インプラント治療の費用相場を知るためには、自分の希望や体の状態をしっかりと歯科医院側に伝えてオーダーメイドの費用相場(見積書)を作ることです。その上で費用計画や費用の注意点について歯科医師と相談するといいでしょう。

費用や治療のことで何かわからないことがございましたら、お気軽に当院までご相談ください。